伊万里・桃川 森家の生活
by shum
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
My Main Web
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
全体
自然
遊び
学校
地域
仕事
家庭
社会
看板
芸術
ブログ
未分類
タグ
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
最新のトラックバック
Kind of Blue
from 1-kakaku.com
ほっこりとした愛国心
from チロ・デ・チロリンタン
パイレーツ・オブ・カリビ..
from DVD生活のはじまり
飛行機旅行
from 飛行機旅行
夢占い 無料夢診断 はい..
from 夢占い 無料夢診断
知っている人だけが得して..
from 2100円で海外旅行する方法!
有工のweb
from vnbro2
ホリエモンが風説の流布で..
from ブログで情報収集!Blog-..
笑の大学。
from 耳の中には星の砂の忘れ物
靖国問題を考える2
from Johnny style!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:音楽 ( 47 ) タグの人気記事

ホルン&ピアノリサイタル

チェコフィル主席ホルン奏者のオンドジェイ・ブラヴェッツと
有田出身の栗山みなみによるコンサート。

1曲目に遅刻したけど、何とか間に合いました。
2階席だったんですけど、このホール、緞帳がないのです。
そして、舞台の真ん中あたりまで、席がせり出している。
僕が座ったのは、ちょうど舞台が始まるあたりの上手。
つまり、演奏者と上からだけど、向かいあう様な位置関係。
こんなアングルでの鑑賞は、ほかではあり得ません。

ホルンってすごい楽器ですね。
豊かな音色・音量・表現力。
容積比その何十倍もある、グランドピアノの比じゃありません。
もちろん演奏者の力量によるものでもあります。
それを目の当たりに出来て、幸せでした。

現代音楽が楽しいと感じたのも初めてでした。
会話を楽しむ様な思い切った演奏形態は、JAZZを彷彿とさせました。
終始緊張されていたみなみさんも、最後は弾けていらっしゃいました。

アンコールはなんと、予想通りのパヴァーヌ。
またぜひ聴いてみたいです♪
[PR]
by shum34 | 2007-12-07 22:31 | 芸術

中村健トリオ in Doug

d0032114_2227395.jpg前回からずいぶん短いスパンでの開催となりました。
そのせいか、お客さんの数がちょっと少なかったのが残念。
でも、いいお客さんばかりで、始まったら関係なかったけど(^^)
中村さんは僕の大好きなドラマー。
技術はもちろんのこと、ほんとシビレル演奏。
その中村健に、宮之上貴昭のギターですよ。
もう、超絶技巧もいいとこ・・・
すごい、すごいを、連発してしまいました。
ベースの小牧良平がまたいいんだ。
このトリオの演奏が眼前で繰り広げられている。
僕たちだけのために。
こんな幸せって有りません。
[PR]
by shum34 | 2007-11-07 22:38 | 芸術

公民館にピアノを♪

d0032114_12304480.jpg
我が松浦公民館にはピアノがありません。
元の中学校を改築されたのですが、
グランドピアノは処分された模様です。
ピアノを用いた企画は、小学校を利用してきました。
どんなに寒い冬の時も・・・


d0032114_12303494.jpg
今回、自然派ピアニスト河野康弘さんを覚えていてくださった、
近所の方が、家の解体に伴って破壊されるであろう、
アップライトを救ってくださいました。
KWAIのKU-3D、昭和47年生まれですが、
非常に程度の良いものです。


d0032114_12305492.jpg
そのもらい手を探していたのですが、今度、
小学校の教育フェスティバルと公民館まつりを共催するにあたり、
公民館にピアノがないことが判明、というか、思い出しました。


そこで、件のピアノを寄付させてもらえないか相談しています。

置き場所がない。
今まで問い合わせも要望もがなかった。
無くて困ることはなかった。

難色を示されています。
みなさん、声を上げてくださいね!
d0032114_1231538.jpg

[PR]
by shum34 | 2007-10-18 12:44 | 地域

渡辺文男トリオ、ヴォーカル:鈴木道子

d0032114_1527261.jpg

お待ちかねのダグライブ。
渡辺文男(ds)渋谷毅(p)小杉敏(b)鈴木道子(vo)
パーソネルすごすぎ・・・
円熟のスタンダードをじっくり。
アドリブが爆発するようなドライブ感はないけど、
胸に沁み透ってきます。
ボーカルがまたすごい。
一音一音、単語の一つ一つが、落ちてくる。
こんなボーカル、初めての体験でした。
これだけのメンバーを、
毎回100名入らない小屋に呼んでこられるんですから、
マスターのお力に感謝感激です。
[PR]
by shum34 | 2007-10-15 15:41 | 芸術

RIKKI&黒田亜樹デュオライブin浪漫座

d0032114_724507.jpg久しぶりの生島唄。
唄者と唄の持つ存在感は、圧倒的です。
生紬も久しぶり。
裏地に佐賀錦をあしらってらっしゃいました。
オリジナルにも、「持ち味」である裏声を多用してますが、
僕はRIKKIの地声も好きです。

ピアノの黒田さんが、イタリアから短い帰国中のジョイント企画。
生ザナルカンドが聴けるなんて・・・
しかし、余りに存在感がありすぎて、
RIKKIの三味線と唄をくっちゃいます。
RIKKIの演奏を材料にして、ご自身で即興「伴奏」をされるのですが、
伴奏になってないの(^^;

次はマイクなしの、三味線太鼓バージョンを聴きたいです♪
[PR]
by shum34 | 2007-09-30 07:32 | 芸術

夏11番ライブ

去年は仕事で行けなかった、恒例のUFO一座主催のライブ。
d0032114_23545566.jpg

いきなり大粒の雨が降り出し、のっけからセッティングのし直し。
みんなはのんびりと待ちます。
でもそのあおりで、トップバッターの出演が急遽取りやめに。
そんなわけで最初は、佐世保からいらした真弓さん。
これがすごく良かった。
心を掴む唄と、ギター。
遠雷もバックアップしてました。
CDないそうで、すごく残念。
自分で呼びたいくらいだ。

お次は唐津のシャインズ。
懐かしの選曲は、会場にうけていました。

そしていよいよ、本命加川良withすぎの暢。
もう全然迫力違います。
ところが、途中で土砂降りの驟雨に。
d0032114_2355142.jpg

屋根はついてるんだけれども、継ぎ目から土砂降りの雨漏り(^^;
スタッフの機転と行動で機材は守られ、音切れもなく歌い終わられました。
もっと聞きたかったな~

トリを務めますは、神戸のモーガンズバー。
本日はベース抜きのおふたりで。
なかなか掛け合いも面白かったけど、軽そうに見えて重厚な演奏に選曲。

会場の雰囲気も相まって、シャングリラにも負けないライブでしたよ!
[PR]
by shum34 | 2007-09-16 00:11 | 遊び

2007さぎんニューイヤーコンサート

d0032114_22241074.jpg

華やかで陽気で甘やかな音楽。
分かり易く楽しい解説。
バラエティ豊かなプログラム。
謳い踊るソプラノ。
初めて生で聴き、目にするツィター。
新年にふさわしい演奏会でした。

2階席だったのですが、遠さを全く感じさせないすばらしい音響。
よく残響時間が問題にされますが、響きよりも、
音圧と干渉が大切なのではないでしょうか。

ビューも、見下ろす位置のおかげで、また、遠すぎず、
オーケストラの全てを見わたしながらのコンサートは興奮モノでした。

フルオーケストラも、本当に久しぶりで、
中でも、ティンパニが入っていたのが嬉しかったです。

来年は1/8だとのこと。
こりゃ行くしかあんめぇ。
[PR]
by shum34 | 2007-01-10 22:28 | 芸術

今井美樹「Milestone」、中島みゆき「ララバイSINGER」

原点回帰、集大成。
そんな言葉が頭に浮かんで、久しぶりに二人のアルバムを手に取りました。
王道を行く、のは今井美樹。偉大なるマンネリズム、かな。
プロデュースは第三者に任せて、自分の世界を出し切る。
聞きたい気持ちを知り尽くしていて、安心感を与えます。
それでいて、謳っている世界は「今」にシフトしています。
つまり、40台の彼女だね。
それに対して、まだ「ジタバタ」しているのが中島みゆき。
どこか聴いたことのある曲、と思いたいのだけれども、違う。
僕にとっての、次の周期、はまだみたいです。
[PR]
by shum34 | 2006-12-27 10:46 | 芸術

ぼくはくま

もちろん宇多田ヒカルのね。
やっぱりNHK教育で、ずっと昔にやっていた番組のテーマ、
♪くっちぶえ、ふ・い・て~♪あきちへ、いいったぁ~♪と、
似てると思いません(^^)?
[PR]
by shum34 | 2006-12-06 13:08 | 芸術

KIND of BLUE

マイルスではありませぬ。
エラブ出身・大山百合香のファースト。
RKKIのテイストに似ています。
そういう風にしたい、という、売り手側の趣味があるんでしょうね。
いろんな勘違いもあるものの、先日のテディさんと同じく、
シマのメロディや言葉が出てくると、帳消しにしてしまう自分がおかしい(^^;
[PR]
by shum34 | 2006-11-20 00:29 | 芸術