伊万里・桃川 森家の生活
by shum
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
My Main Web
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
全体
自然
遊び
学校
地域
仕事
家庭
社会
看板
芸術
ブログ
未分類
タグ
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
最新のトラックバック
Kind of Blue
from 1-kakaku.com
ほっこりとした愛国心
from チロ・デ・チロリンタン
パイレーツ・オブ・カリビ..
from DVD生活のはじまり
飛行機旅行
from 飛行機旅行
夢占い 無料夢診断 はい..
from 夢占い 無料夢診断
知っている人だけが得して..
from 2100円で海外旅行する方法!
有工のweb
from vnbro2
ホリエモンが風説の流布で..
from ブログで情報収集!Blog-..
笑の大学。
from 耳の中には星の砂の忘れ物
靖国問題を考える2
from Johnny style!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 02月 ( 40 )   > この月の画像一覧

今晩、出てきそうですなぁ・・・

d0032114_23292544.jpg
d0032114_23293251.jpg

[PR]
by shum34 | 2007-02-28 23:29 | 遊び

た・たすけてくりぃ

d0032114_19543888.jpg

[PR]
by shum34 | 2007-02-27 19:54 | 遊び

寒い朝ももうすぐ終わり

d0032114_236146.jpg
d0032114_2361333.jpg
d0032114_236227.jpg
d0032114_2363150.jpg
d0032114_2373372.jpg
d0032114_2374271.jpg
d0032114_2375127.jpg

[PR]
by shum34 | 2007-02-26 23:08 | 自然

劇団四季「contact」

d0032114_8413547.jpg
初めての劇団四季。
期待に胸がふくらみます。
席も、すごく良い場所が取れていたのです。
浜松町を降りて、ややわかりにくい場所に、専用劇場はありました。
中へ入ります。
シンプルでゆったりした作り。
これならS席じゃなくても良いな、とか、
『次』に来たときのことまで考える始末。
周りの人はパンフなどを、次々と購入して、席へ着いています。
お客さんはほとんどが女性。
年齢層は様々。
僕の隣の二人組は、中学生ではなかったのかな?
良いモノに違いない、と思いこんで、
聴きながら何度も思い出すことが出来れば、とCDを購入。

いよいよ開演です。
幕が開く前のアナウンスも、面白くしております。
いよいよいよいよ、始まりました。
前半はオムニバスの二題。
後半はやや長めの一本。

うーん。前評判を信じた僕が馬鹿だった。

確かに、一定のレベルは、クリアしています。
でも、そんなもてはやすほどのモノか?

この作品の場合、トムとジェリーのような、
間とキレが、とても大切だと思います。
上手な踊りには違いないのですが、それだけ。
翻訳物特有の、痛々しさを感じ、いたたまれません。

きゃーきゃー言って、良かった良かったって、劇場を出て行きますが、
おいおい・・・
こりゃ、お客が悪いよ。

東京には、そりゃなんでもあります。
でもね、思いこまされているモノも、多いんだと良く判明。
自分の力で、企画し続けなければならない全国の皆さん、
努力は報われてますよ。
[PR]
by shum34 | 2007-02-25 08:56 | 芸術

ボクネンズアート東京

京橋にある、名嘉睦稔さんの専用画廊。
3年ぶりの訪問。
東京へ出向くときには、必ず立ち寄る場所。
伊万里へ来てから、ずいぶん
「ボクネン的なモノ」が薄れていくのがわかります。
それもあり、今度は少し緊張していました。
しかし、扉を開け、いつものように端から眺めて、
やがて出迎えを受け、中へ。
すると、ストンと僕の中にはまた、ボクネンさんが入り込んでいました。
話の中でも答えをいただきましたが、
周りから感じられるものが、島と伊万里では違うのではないか、と。
ボクネンさんのような人であれば、地球から感じるもの、として、
それはどこへ行っても変わりはないのかもしれません。
しかし、その地から出ている、居着いている『精霊』みたいなものは、
違っていて当たり前で、なんだかその話を聞いたとき、
ふっと力が抜けたように思います。
その場の雰囲気をありのままに感じること、
そして、そこでその場の雰囲気を持っている人と話すこと、
それが、『ボクネン的なモノ』なのかなって、今回の一番のおみやげ。

もうひとつの収穫は、サンヨーの企業カレンダー。
ボクネンさんの新作が収録されています。
作品がすごいのはもちろん、
印刷物としての、紙やインク、刷りが非常に優れていて、
本物の透明感とは異なる、その微妙なクスミがまた、味があり、趣深い。

それを観ながら、周りにはまた、本物の睦稔作品が眺められるという、
なんとも幸せなひとときを過ごすことが出来ました。
国立新美術館がおやすみだったおかげで、
時間的にもたっぷりだったしね(^_-)
[PR]
by shum34 | 2007-02-25 08:40 | 芸術

国立新美術館

d0032114_7522195.jpg
当初宿へ荷物を置いてから移動しようと考えていましたが
時間がもったいないと思い直し、冷たい雨そぼ降る中、
勝手のわからない六本木の道を、
尋ねながらたどり着いてみると・・・
無情にも「本日休館」(/_;)
これが僕の人生か!(^o^)
気を取り直して、その日は京橋のボクネンズアート東京へ。
#別記事へ譲ります

さて、最終日。
会がやや早めに終わりそうなので、国立新美術館の再挑戦を決意しました。
こう言うとき、すぐたどり着けるのが条件なのですが、
1回目のスカが役に立ちました。
小雨の中、閑散としていた美術館周辺でしたが、
この日はごった返しています。
すごい人気!
美術館に、こんなに人が集まるモノなのですね。
企画展の中の、
「20世紀美術探検―アーティストたちの三つの冒険物語―」
を、観ました。
4部に別れていて、20世紀の美術を、巡ることが出来ます。
最初、いつもの調子でゆっくりと回っていたら、
時間が全然足りない足りない。
最後の方はもう、駆け足に近く、ほとんど観られない作品もあり、残念。
でも、来て良かった。

15時20分の飛行機だったので、
13時30分までにしようと心に決めていましたが、
結局14時まで粘ってしまいました。
#これも、大江戸線が、大門直行だと踏んでいたため。

ところがこの、大江戸線が曲者でした。
大深度地下に敷設してあるため、移動にえらく時間がかかるのです。
大門で、すんでの所で、京急の先発に乗り遅れてしまいました。

ところがところが、改札で問い合わせて振り向いたとき、
「こんにちは」って、声をかける人がいます。
だれだっけ・・・(^^;
「沖永良部においやった人ですよね?」
鹿児島の連合会の方でした。
それから、羽田までは、話が弾み、
旅の終わりを楽しく過ごすことが出来ました。
出会いの神様、ありがとう!

実はまだ先があります。
駆け込みになるのは確実だったので、喉いやすため、
カバンにペットボトルを入れていました。
カウンタで搭乗手続きが終わったのは、出発五分前。
急いで手荷物検査の列に並びます。
金属探知機は鳴らなかったものの、
ペットボトルがありますね?と、呼び止められます。
そうです。
久しぶりの飛行機だったため、忘れてしまっていたのですが、
可燃物持ち込みを防ぐため、液体もチェックされるのでした。
「開けてください。時間はありますか?」
『ギリギリです(T_T)』
奪取で機内へ滑り込み、ペットボトルもまた、無事お役に立ちましたとさ♪
[PR]
by shum34 | 2007-02-25 08:08 | 芸術

伊万里ミニ観察会

お目当てのツルは北帰行。広くノンビリ楽しみました。
d0032114_21443346.jpg
d0032114_21444833.jpg
d0032114_21445949.jpg
d0032114_2145930.jpg
d0032114_21451958.jpg
d0032114_2145302.jpg
d0032114_21453971.jpg
d0032114_21454867.jpg
d0032114_2145569.jpg
d0032114_2146631.jpg
d0032114_21461683.jpg
d0032114_21462542.jpg
d0032114_21463786.jpg
d0032114_21464686.jpg
d0032114_21465654.jpg
d0032114_2147553.jpg
d0032114_2147148.jpg
d0032114_2147234.jpg
d0032114_21473382.jpg
d0032114_21474112.jpg
d0032114_21475029.jpg
d0032114_21475852.jpg
d0032114_2148764.jpg
d0032114_21481761.jpg
d0032114_21482571.jpg
d0032114_21483512.jpg

[PR]
by shum34 | 2007-02-24 21:49 | 自然

ゆうべは小学校PTAOB会

歴代会長や校長・教頭先生にご案内しての親睦会。
最初は緊張しました。
柄にもなく、ちょっとフォーマルなカッコしていって良かった(^^;
でも、会が進むにつれ、ああ、やっぱり松浦町だなって、安心しました。
なかなか集まりにくくなっているのが現実ですけど、
続けていきたい会だなって、行って思いました。
[PR]
by shum34 | 2007-02-24 08:32 | 学校

液晶モニタ帰ってきました

日数は結構かかった(19日間)けど、無償修理となりました。
送料すらかかんなかった!
保証期間過ぎてたんだけどね。

不具合の中身は、「ピンホール・半田割れ」
修理内容は「再半田」

製造工程で問題があったのかな。
ちなみに型番はFP937S+
[PR]
by shum34 | 2007-02-23 17:52 | 遊び

ただいまです

なんだかんだと、濃い3日間でした。
暖かくて良かった。
[PR]
by shum34 | 2007-02-22 19:48 | 仕事