伊万里・桃川 森家の生活
by shum
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
My Main Web
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
全体
自然
遊び
学校
地域
仕事
家庭
社会
看板
芸術
ブログ
未分類
タグ
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
最新のトラックバック
Kind of Blue
from 1-kakaku.com
ほっこりとした愛国心
from チロ・デ・チロリンタン
パイレーツ・オブ・カリビ..
from DVD生活のはじまり
飛行機旅行
from 飛行機旅行
夢占い 無料夢診断 はい..
from 夢占い 無料夢診断
知っている人だけが得して..
from 2100円で海外旅行する方法!
有工のweb
from vnbro2
ホリエモンが風説の流布で..
from ブログで情報収集!Blog-..
笑の大学。
from 耳の中には星の砂の忘れ物
靖国問題を考える2
from Johnny style!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ボクネンズアート東京

京橋にある、名嘉睦稔さんの専用画廊。
3年ぶりの訪問。
東京へ出向くときには、必ず立ち寄る場所。
伊万里へ来てから、ずいぶん
「ボクネン的なモノ」が薄れていくのがわかります。
それもあり、今度は少し緊張していました。
しかし、扉を開け、いつものように端から眺めて、
やがて出迎えを受け、中へ。
すると、ストンと僕の中にはまた、ボクネンさんが入り込んでいました。
話の中でも答えをいただきましたが、
周りから感じられるものが、島と伊万里では違うのではないか、と。
ボクネンさんのような人であれば、地球から感じるもの、として、
それはどこへ行っても変わりはないのかもしれません。
しかし、その地から出ている、居着いている『精霊』みたいなものは、
違っていて当たり前で、なんだかその話を聞いたとき、
ふっと力が抜けたように思います。
その場の雰囲気をありのままに感じること、
そして、そこでその場の雰囲気を持っている人と話すこと、
それが、『ボクネン的なモノ』なのかなって、今回の一番のおみやげ。

もうひとつの収穫は、サンヨーの企業カレンダー。
ボクネンさんの新作が収録されています。
作品がすごいのはもちろん、
印刷物としての、紙やインク、刷りが非常に優れていて、
本物の透明感とは異なる、その微妙なクスミがまた、味があり、趣深い。

それを観ながら、周りにはまた、本物の睦稔作品が眺められるという、
なんとも幸せなひとときを過ごすことが出来ました。
国立新美術館がおやすみだったおかげで、
時間的にもたっぷりだったしね(^_-)
[PR]
by shum34 | 2007-02-25 08:40 | 芸術
<< 劇団四季「contact」 国立新美術館 >>