伊万里・桃川 森家の生活
by shum
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
My Main Web
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
全体
自然
遊び
学校
地域
仕事
家庭
社会
看板
芸術
ブログ
未分類
タグ
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
最新のトラックバック
Kind of Blue
from 1-kakaku.com
ほっこりとした愛国心
from チロ・デ・チロリンタン
パイレーツ・オブ・カリビ..
from DVD生活のはじまり
飛行機旅行
from 飛行機旅行
夢占い 無料夢診断 はい..
from 夢占い 無料夢診断
知っている人だけが得して..
from 2100円で海外旅行する方法!
有工のweb
from vnbro2
ホリエモンが風説の流布で..
from ブログで情報収集!Blog-..
笑の大学。
from 耳の中には星の砂の忘れ物
靖国問題を考える2
from Johnny style!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


がんと生きる~福崎裕夫さん(建設業)

人のために働ける幸せが見えた「日本縦断の旅」
「がんは怖くなかった。全てを剥ぎ取られ、生き方が変わった」


舌がんの治療を経て、日本を縦断する徒歩の旅に出た男性がいる。
1日50km、国道沿いを歩き、夜は野宿の日々。
途中、療養を挟みながら、足かけ1年3カ月にわたる旅。
「憲法9条を守るねずみ男の旅です」と、本人は笑う。
借金、離婚、がん闘病……波乱万丈な半生をもつ彼を、
奇想天外な旅に踏み出させた思いは何か、
そしで、いま彼は何を見つけたのか。
取材・文●守田直樹

ふくざきやすお
1978年甲南大学理学部生物学科卒業。2005年舌がんの病期2と診断され、手術、放射線、化学療法などの治療を受ける。2007年4月、沖縄を出発点に日本縦断の旅に出る。「憲法第9条」を守ることをかかげ、ゲゲゲの鬼太郎の「ねずみ男」のふん装で国道を歩き・2008年6月北海道宗谷岬に到達
d0032114_2152688.jpg

継いだ会社が倒産 億単位の借金を抱える

舌がんと診断され、治療をした後、日本列島を歩いて縦断したという福崎裕夫さん。しかも、ほとんどを野宿で旅している。駅舎や公園、公衆トイレなどの軒を借り、寝袋で眠ったという。さぞかしパワフルな人だろう。福崎さんに話を聞くため、自宅のある広島県府中市上下町へ急いだ。

初対面の福崎さんは、とても"冒険家"には見えない。雰囲気は何かの研究者だ。
「東南アジアや^アフリカで、猿か鳥を追いかけて暮らしたいと思ったこともあります」
甲南大学理学部生物学科を卒業後、京都大学霊長類研究所の聴講生になった。1年後に試験に落ち、高校教師になるが2年で退職。規則で縛られた学校の体質が合わなかったようだ。その後、上下町の町議会議員を14年務めている。
「でも、借金が5億円あるんです」
と、衝撃的なことを言う。
「一生返せないという意味では、1億も5億も変わりません。返せないけど逃げていない、というところです」

福崎さんの父親は1代で土木舗装工事会社の「神甲舗装」などを築いたやり手だった。だが、膨大な借金を残したまま、2000年7月に亡くなった。その後、福崎さんが後を継いだ2年後のこと――。
「神甲舗装グループ破産 3社で負債総額29億円」(「中国新聞」2002年8月-日付)

新聞に見出しが出る大型倒産だった。
「自分が社長に向いていないことも、長男として継ぐ義務がないこともわかっていたんです。でも、逃げるのが下手なんですよね。会社を継いだ時点ですでに金融機関からの融資はストップしていました。確実に沈み始めている船を、おめでたいことにいただいて船長なったのが私なんです」

過去を包み隠さず、淡々と時折ユーモアをまじえて語る福崎さん。倒産、借金、離婚、がんという大病……。いわゆる「中年クライシス」を福崎さんは、経験している。

病期2の舌がん さまざまな治療を実施

最後の苦難が、舌がんだった。精密検査を受けていれば、もっと早く発見できていたのかもしれない。口のなかの異変を最初に告げたのは、近所の歯科医だった。倒産前にも検査をすすめられていたが、騒動の渦中にそんな余裕はなかった。
「虫歯の治療に行ったとき、倒産劇を知る歯医者さんが『今度こそ行ったほうがいい』と。本当に感謝しています。それがなければ、もっとほったらかしだったと思います」

近所の総合病院で診察を受け、広島大学病院を紹介される。まるで旅にでも出るように単身、自宅から100kmほど離れた広島市へ向かった。
「渡世人が宿でも借りるように荷物1つ抱え、『紹介を受けてきました』と入院しました」

精密検査の結果、「病期2の舌がん」と告知された。だが、ほとんどショックは受けなかったという。
「倒産して大勢の社員のクビを切り、路頭に迷わせています。正直、自分のクビーつならまだいいか、と。ただ3女が中学3年生だったので、20歳まで何年かは数えましたね。それまで生きんといけんな、とだけは思いました」

05年2月から3カ月間に及ぶ入院期間の最後に頸部のリンパ節も切除している。舌がんでリンパ節転移があれば、病期は3。5年生存率は約60%に落ちてしまう。

実際、さまざまな治療法を福崎さんは試みた。体の外から放射線を照射する「外照射」に始まり、抗がん剤「TS-1」も使った。特別なラジオアイソトープ病室に入り、舌に針のような小線源を入れる「組織内照射」も5日間行った。さらに、当時はまだ臨床試験中だった免疫治療も行っている。
「リンパ球を増殖させる治療です。治療は無料でした。治験でよい結果が出れば、『今後、同じ病気になった人の役に立つ』と医師から聞き、『それならば、ぜひやってください』と申し出ました」

死の恐怖も感じず 入院生活を賛沢に思うほど

つらい治療も、倒産による針の錘のような生活に比べれば、楽なものだった。
「働かずにずっとベッドで寝ていられるので、資格試験の勉強をしました。不思議と死ぬとは思わなかったし、まったく恐怖もありませんでした」

別居していた妻と倒産後に離婚して以来、社長業のかたわら兼業主夫をしつつ、娘たちを立派に育てている。倒産、借金、離婚という危機を立て続けに体験した福崎さんにとって、がんはそれほど怖いものではなかった。幸い、臨むべき治療法がいくつもある。そして入院中は、3食昼寝つき。最高の贅沢だった。病室にいるとき、看護師から食事について尋ねられた。
「普段は、人さまに作っていただいたものを食べることはほとんどありません。だから、『全部おいしくいただいてます』と言うと、看護師さんは返す言葉がなかったようです」

どの治療が奏効したのか。すべての相乗作用なのか。目に見える範囲のがんは消えた。
「後遺症は、舌が火傷状態になったことぐらいでしょう。放射線を当てた舌の右側が縮み、いまも舌はまっすぐに出ません。歯が次第に抜けてしまい、下の歯は総入れ歯です。それでも、食べるのにもしゃべるのにも、さほど不便は感じません。まあ、生きていられれば、それでいい。倒産、借金、離婚といろいろ大変なことがあったけど、がんになったことで、生きているありがたさが感じられるようになったのかもしれない。だから、がんには感謝しているんです」

がんになったことで、福崎さんの生き方そのものが変わっていった。
d0032114_220741.jpg

退院直後に患者会へ 地元に支部をつくる

まず、退院した足で、そのまま病院の近くにある広島県医療保健課に向かった。
「患者会について聞きに行きました。病院のなかは静かで、患者さんたちは治療にじっと耐えている。病院から出たら、もう少し楽しめる場所が必要なんだろうなと感じていました。だから、自分のためにというより、世の中に必要なのだろうなと思って、足を運んでみたのです」

がんの患者会「にじの会」が広島市内で開かれることを聞いて、すぐに参加して、患者会のよさを体験した福崎さん。地元の上下町から広島まで100kmあるという話をすると、支部を作るように勧められ、
「早速、翌月、上下町につくっちゃいました」とのこと。
「がん患者には、家族にも言えないことが多いんです。落ち込んだときには、ぐちをこぼしたほうが精神的にもいいし、免疫力も高まるんですから」

その後、地元の「にじの会」は解消。発展して誕生した広島県北部のがん患者会「とま~れ県北」に毎月参加している。

憲法第9条を守る 「ねずみ男」の日本縦断

福崎さんは、治療後2年に近づいたころ、日本縦断徒歩の旅に出発する。行脚のスタートは、2007年4月6日、沖縄からだった。もちろん島へは飛行機で入った。足かけ1年以上の行脚の問、病院の検査や仕事、冬の北海道を避けるなどの理由から大きく7回に分けた。「実質2~3カ月」と言い、1日に相当な距離を歩いている。
「野宿なので逆に、宿へ行くなどの無駄な距離を歩かなくてすむんです。普段は1日50㎞ほど歩き、人に会ったり、泊めてもらったときには30~40㎞くらいでしたね」

日本縦断の旅の衣装は奇天烈だった。「ゲゲゲの鬼太郎」(水木しげる作)の"ねずみ男"姿で歩き通したのだ。
「正義のヒーロー鬼太郎だけでは、物語は成り立ちません。嘘をつき、人を裏切り、金に目がくらむ厄介者のねずみ男も必要なんです。僕自身が、まさに厄介者ですから」

ただ、ねずみ男は、灰色のガウンのようなものを着ていなかったか。福崎さんのは榿色だが。
「アニメでは榿色と灰色がほぼ交互になっているんです。9条について話し合うためには、目立ったほうがいいですしね」
全国縦断の直接のきっかけは2006年9月、日本国憲法改正が持論の安倍晋三元首相の誕生だった。改正反対の意思表示として「憲法第9条」の旗を持ち、1人でも多くの人と語ろうと考えたのだ。
「鬼太郎にはゲタや髪の毛針などの武器がありますが、ねずみ男にはありません。非武装で弱い人間の象徴として、ねずみ男を選びました。日本人が崇高だから9条を守るのではなく、私を含め、愚かで何をしでかすかわからんから、その歯止めとして9条が必要なんだと」

がんから生還して何をやるか そこに天命が宿った

命が自分の思いどおりにならないことを福崎さんは、がんになって気づかされたという。
「自分が生かされているのなら、再び議員になったり、金儲けで世間を見返すとかじゃないだろうと。こう思ったら、無計画な野宿の旅に飛び出せたんです」

福崎さんは聖フランチェスコの「私をあなたの平和の道具にしてください」という言葉を例に挙げる。
「修行僧なら自分で欲望や煩悩を捨てる勇気が必要になります。僕の場合は自分の意志ではなく、がんという病によってすべて剥ぎ取ってもらいました。その空っぽになった福崎という人間の器に、9条行脚が飛び込んできた感じなんです」
福崎さんには天命だった。

国道で埃だらけの体 でも、「自由がうれしかった」

行脚に出てからは1度もつらいとか、戻りたいと思ったことはない。

鹿児島では遠くのほうから「がんばれ」と声をかけてくれる人、アメをくれたお爺さん、そして車から、大声で野次って走り去る人もいた。

テレビアニメの影響もあり、ねずみ男姿に興味津々なのは純真な子どもたちだった。「憲法第9条を知らない」という小学生2人に話しかけられ、全文を暗唱してあげた。

足にマメができたとき、サンダルのほうが楽なことにも気づいた。ほとんどが国道を歩くので1日で埃まみれだ。もちろん風呂には滅多に入れない。それでも、ふと空を見上げ、自由を実感する瞬間があった。

数々の苦難から解き放たれた実感なのか。自由を実感した瞬間について、ブログ「9条全国行脚の旅へ」に、以下のように記している。このブログは、道中を福崎さんが生きているかを確認するために、故郷の仲間から義務づけられたものである。

〈干からびそうに暑い日もある。雨風の日もある。でもそれは私を支配しているのではない。ただ暑いだけ。雨は降るだけ。風はふくだけ。私はふりかかってきたことに対して進むか、留まるか、引き返すか、自由を行使するだけ。与えられた快適が自由じゃない。それなら旅になど出ず、冷暖房完備の部屋に閉じこもっていればいい。一見不自由な旅が自由なんだな〉
d0032114_221192.jpg

まっさらな心になって 「命」のありがたさが沁みる

福崎さんは自殺を考えたことはない。死ぬことで解決することは何1つなく、周囲の人たちに迷惑をかけるだけだからだ。
「ただ倒産前、『ふっとこのまま消えたら楽だろうな』という思いをもったことはあります」

福島県では、道で偶然知り合った1級建築士が自宅の倉庫に泊めてくれた。
「いま考えると、何も知らない胡散臭い男をよう泊めてくれたなあと思います。ずっと後になって、弟さんががんになったと電話をかけてこられました」

護憲が目的の行脚が、いろいろな人とつながっていく、福崎さんの新しい人生の旅をかたちつくっていく。

2008年6月、最終目的地の北海道に入った。原生林にはヒグマがいる。注意しながら歩いた林では、ベリベリという音。
大きな動物の気配が走った。
「大慌てて逃げました。エゾシカだったかとは思いますが、心臓が止まりました」

稚内市の宗谷岬に着いたのは、2008年6月20日。暴風雨のなか、北海道新聞の記者が待っていてくれた。地元紙などに何度も取材を受け、それを見た人たちが声をかけてくれた。全国にある「9条の会」の人たちとも親交を深めた。

日本最北端の地で、398回目を数えたブログの更新は、いま640回を超えている。

足るを知れば 貧乏が楽しめる

瞬く間に術後、5年が過ぎた。「無事」を記念して、娘さんたちと長野県まで家族旅行をした。
さまざまな理由から一時はバラバラになりかけていた娘たちとの関係も、取り戻しつつある。

福崎さんは現在、築40年あまりの市営住宅で1人暮らしだ。6畳2間で家賃は4400円。木枠の窓の表裏両面には、寒さ対策で梱包用のエアパックを貼りつけている。子どもがプチプチつぶして遊ぶあれだ。普段使う部屋は天井からエアパックをぶら下げ、2畳ほどに仕切っている。ここでストーブを焚けば、灯油代は1日150円を超えることはないという。
「いまの住まいは冷え込まないと効果がわからないから、真冬の寒さが待ち遠しくなるんです。人間はしょせん、立って半畳、寝て1畳の身。欲張っても、たかが知れている。貧乏の楽しみ方もわかるようになりました」

木材の配達などの現在の仕事は月給13万円。うち2万8000円が差し押さえられている。
「それだけで返済できるわけがなく、全額返す計画で動いてもいません。隅っこで小さくなって生きて行こうと思ったこともありますが、それより、少しでも世の中のためになれればと」
d0032114_2221349.jpg

「世の中のために」と 楽しみながら歩く人生

2011年、地元の製麺業者が試作用に作ったラーメンスープ700食と麺を譲り受け、障害者施設などに配った。それが「フードバンク福山」へと発展。東日本大震災の被災地にも、地元の特産物や食料を運び届けた。
「パッケージの印刷ミスなどで、中身に何の問題もないのに廃棄される食べ物が大量にあるんです。缶がヘコんだだけで売り物にならないのは、きっと日本だけでしょう」
過疎化がすすむ故郷、上下町の活性化のため、地元の地産そばとして「上下ぎゅ~そば」をコーディネートした。もちろん"無報酬の仕事"だ。飛び込み営業で地元の農家にそば作りを頼み、地元の製麺所に加工を依頼。地元産の牛肉も使った、100%地産そば」は地元の名物として浸透しつつある。
「自分が倒産で窮地に陥ったとき、『助けて』と言えなかったのは結局、上に立っていたかったから。助ける立場ならいいけど、助けられるのは嫌だったんですね。長い行脚で、見知らぬ人に泊めてもらい、食べものをいただきました。お互いさまでいいと気づき、遠慮せずに何でもお願いできるようになりました」

そのほか、家庭の廃油を集めて燃料にする「廃食油回収箱」の設置や、「地域医療を守る会」
の活動……。なんだか、とても楽しそうに見える。
「それは、否定できません(笑)。人の役に立つという言葉は嫌なんですが、人のために働けるのは幸せです。徳島刑務所に収監中のある無期懲役囚の無実を訴える『徳島プリズンウォーク』が2月に行われます。それに参加するため、徳島県まで歩く予定です」

フーテンのねずみ男は、明日もどこかを歩いている。
[PR]
by shum34 | 2012-02-23 02:09 | ブログ
<< 福崎裕夫ひとり語り おちんちんの悩​み >>